8月
19日
2021年

これで大丈夫!レディースファッション着こなしの基本


基本のシルエットでスタイル良く着こなす

「買ってきた服が野暮ったく見えてしまう」「着た時の全体のバランスが変」という悩みを持つ人は少なくないようです。実は、レディースファッションの着こなしは、基本となるシルエットを考えて選ぶことが大切です。

きれいに見える基本シルエットの一つは、Aラインです。アルファベットのAに似て、トップスはフィットサイズを選び、ボトムスは広がりが感じられるものを選ぶというシルエットです。さらに、Yラインシルエットは、Vラインとも呼ばれるように、トップスにボリュームを持たせて、ボトムスはぴったりサイズのものを選ぶ、Aラインとは逆のパターンになります。加えて、Iラインはトップス・ボトムスともにジャストサイズの服を選ぶことで、背が高くシュッとして見えるのがメリットです。Iラインとは逆にXラインは、トップス・ボトムスともにボリューミーなものを着て、ウエストだけを絞ります。女性らしいラインが魅力の着こなしです。

カラーは3色までにする

きれいに着こなすうえで大切なのは、ラインとともに色使いです。一般的に、バランスよくコーディネートしやすいのは、3色までとされていて、ベースとなる色に合わせるアソートといわれるもう一色を選び、アクセントとなる差し色を加えるとベストとされます。そして、配色の割合は、ベースが6割、アソートが3割、アクセントが1割とするのが基本です。そして、ベースカラーは白・黒・グレーのどれかにするとおさまりが良くなるといわれるため、おしゃれに自信がない方は、基本となる色をモノトーンとすると無難に着こなせます。

脱毛の広告が目につく季節になりました。脱毛の中でもvioの脱毛とはデリケートゾーンの脱毛になります。現在幅広い世代で知られるようになりました。身だしなみから介護までと人それぞれのきっかけがあります。